ホーム  >  失敗しない土地探しのコツ  >  媒介契約の種類

媒介契約の種類
カテゴリ:失敗しない土地探しのコツ  / 投稿日付:2022/02/28 09:27

浜松市南区のセンチュリー21浜松不動産販売です。

 

不動産を購入する際に知っておきたい、基礎知識やお役立ち情報をお届けします。

毎号、1分ほどで読み終えていただける内容ですので、将来の不動産購入に向け、今のうちから不動産購入のノウハウを身につけてください。

 

土地探しを始めると、なかなか、良い土地にめぐり合えなかったり、土地にかかる予算についてよ
くわからず、いつの間にか、家を建てるための土地探しから、土地探しだけが目的となってしまう
のです。その結果、家族が幸せになるための家づくりが出来なくなってしまうのです。

 

「できるだけお得に不動産を購入したい」「何から始めればいいかわからない…」

そんなお悩みや不安を少しでも解消していただけるよう、必要な情報を濃縮してご提供します。是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

-----------------

媒介契約の種類

-----------------

 

今回は、前回お話しした媒介契約の種類をお話しさせていただきます。


1つ目は、一般媒介契約といいます。

複数の業者に重ねて仲介を依頼することが出来る契約です。


2つ目は、専任媒介契約といいます。

特定の不動産業者のみに仲介を依頼する契約です。こちらでは、売主様も直接お客様を見つけることが出来ます。


3つ目は、専属専任媒介契約といいます。

特定の不動産業者のみに仲介を依頼する契約です。こちらでは、売主様は直接お客様を見つけることできますが、仲介業者を介して仲介しなければなりません。


一般的な不動産業者は、2つ目の専任媒介契約か、3つ目の専属専任契約を結ぶ事を第一に考えます。

なぜかと申しますと、一般媒介では、複数の業者に依頼することが出来る契約になります。

不動産業者は、何もすることなく販売できるのではなく、広告を入れたり、ポータルサイトに掲載したり、その他広告宣伝費や人的な活動を行う上で販売活動を行います。

全ての活動は、成功報酬の仲介手数料が原資であり、先程お話しした、1つ目の一般媒介で進めて、販売活動に多大なる経費をかけたが他社が、販売成立させた場合は一切の報酬や広告宣伝の費用もいただけず、赤字活動になってしまうからです。

このように、赤字にならないように一般の不動産業者は、専任媒介か専属専任媒介を、締結できるようにセールスをかけるのです。

それが、この3つの媒介契約関係性でございます。


この媒介契約を結ぶことで、いくつかの宅建業法上の義務が発生してきます。

例えば、定期的な販売活動の報告義務などでございます。その中で重要なことの一つに、流通機構への登録義務が発生します。通称「レインズ」といいます。この流通機構「レインズ」につきましては、後ほど詳しくお話しさせていただきます。

 



 

----------------------------------------

本日は以上となります。

 

 

浜松市南区の不動産のことならセンチュリー21浜松不動産販売へご相談ください。

 

これからマイホームの購入をお考えの方

住宅メーカーは決まっているけど土地が見つからない方

分譲マンションをお探しの方

中古住宅の購入を検討されている方

買い替えをお考えの方

 

資金計画からお引渡しまで、豊富な情報と経験を持ったセンチュリー21浜松不動産販売のスタッフが、お客様の様々なご要望に沿ったアドバイスをいたします。

 

 

☎ 0120-947-454 (通話料無料)

 

お問い合わせフォーム からでも承っております。

 

浜松市・浜松市南区や周辺エリアで、不動産の購入をご検討中の皆様、センチュリー21浜松不動産販売にお気軽にお問い合わせください。

 

 

浜松市南区・中区の新築戸建・不動産の事なら、センチュリー21浜松不動産販売 

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

≪ご購入をご検討のお客様用HP≫

https://www.h-res.co.jp/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

≪ご売却をご検討のお客様用HP≫

https://www.h-res.jp/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ページの上部へ